自分で出来るマットレスのお手入れ方法を紹介

 

 目次

1.マットレスを長く使うために日々の手入れが重要

2.マットレスのマットレスの問題になりやすい原因

3.自分でできるマットレスのお手入れ方法

4.マットレスの問題を解決

1.マットレスを長く使うために日々の手入れが重要

マットレスは快適な睡眠を得るために重要なアイテムの一つであり、きちんと手入れを行うことでマットレスの持つ本来の機能を長く保つことが出来ます。

人生の3分の1を占める睡眠時間を有意義なものにするために、今回はマットレスの手入れ方法についてのガイドラインを紹介します。

 

2.マットレスのマットレスの問題になりやすい原因

マットレスの値段はピンキリですが、有名寝具ブランドのものや腰痛改善用のマットレスなどは金額も高額になりますので、長く使用したいですよね。

マットレスで多く発生する「汚れ」「湿気」「ヘタリ」3つの問題の原因を紹介します。

  • 汚れ

汚れの原因で一番多いのが「寝汗」です。寝汗は睡眠時に深い眠りにつくために体温を下げるために出る汗で、一般的に健康的な大人でコップ1杯分の汗をかいていると言われています。

  • 湿気

「寝汗」はシミ汚れだけでなく湿気の原因にもなります。湿気はカビやダニの繁殖原因になるだけでなく、湿気が溜まることで睡眠の質を低下する原因にもなります。

  • ヘタリ

同じマットレスでも身長や寝ているときの姿勢などによって負担がかかる場所が決まってきます。特に腰や肩など体重がかかる部分は負荷が多く、早くヘタリやすくなります。

 

3.自分でできるマットレスのお手入れ方法

「汚れ」「湿気」「ヘタリ」3つの問題を解消するために、自分でできるお手入れ方法を頻度別に紹介します。

  • 【毎日】起床時に布団をめくる

起床した後、布団をそのままにしていると熱がこもってしまい湿気の原因になりますので空気を送り込むために布団をめくっておくと良いです。

布団を毎日外に干すのは難しいと思いますが、布団をめくるだけで除湿効果がアップします。

  • 【週に1回】シーツ・カバーを交換する

寝汗はシーツやカバーを通してマットレスに到達するので、マットレスが汚れてしまう前に交換するようにしましょう。

特に夏場は多く汗をかくので週2回以上の交換がおすすめです。

  • 1か月に1回】掃除機をかける

マットレスには細かいゴミや目に見えないダニなどの汚れが溜まりやすいです。

最近ではレイコップなど布団専用の掃除機がありますが、布団クリーナーがなければ掃除機のヘッド部分を交換して使用してください。

  • 3か月~半年に1回】マットレスを旋回させる

マットレスは基本的に上半身部分の方がヘタリやすいので、3か月~半年に1回のペースで旋回しローテーションすることで機能を長持ちさせることが可能です。

両面使用できるマットレスの場合は裏返しにすることでさらに長持ちさせることが出来ます。

 

4.マットレスの問題を解決

日々のお手入れの仕方を紹介しましたが、実際に問題が発生してしまった際の解決方法を紹介します。

 おねしょを解決

1.すぐに掃除する

できるだけ早く、おねしょした箇所をタオルやペーパータオルで軽く叩いて水分を取り除きます。この時、擦らないように注意してください。

2.重曹で除菌する

おねしょの臭いを取り除くために、重曹を使ってマットレスを除菌します。重曹をまんべんなくまぶし、数時間放置します。その後、掃除機で吸い取ります。

3.マットレスクリーナーで清掃する

市販のマットレスクリーナーを使って、おねしょの跡をきれいに落とします。マットレスクリーナーを使用する前に、ラベルを確認し、使用方法を正しく理解してください。

4.陰干しする

マットレスを室内で陰干しすることで、湿気を取り除くことができます。しかし、直射日光に当てることは避けてください。また、マットレスが完全に乾くまで、寝室には戻さないようにしてください。

 

お子様がおねしょをしてしまった時はびっくりしてしまいますが、すぐに手入れをすれば、清潔で健康的な状態を維持することができます。

 

カビを解決

1.カビを取り除く

まずは、マットレスに付着したカビを取り除きます。マットレスクリーナーを使用するか、重曹をまぶした布で軽くこすってカビを落とします。この時、カビが空気中に舞うのを防ぐため、マスクを着用することをお勧めします。

2.乾燥させる

カビを取り除いた後、マットレスを乾燥させる必要があります。自然乾燥をする場合は、直射日光に当てて乾かします。しかし、天気が悪い場合は、室内で乾燥させることもできます。この場合、湿気を取り除くために、除湿器やファンを使用するとより効果的です。

3.除菌する

カビを取り除いた後、マットレスの除菌を行います。市販のマットレスクリーナーを使用することができます。

4.予防策を取る

カビの原因は、湿度が高い環境です。このため、マットレスを置く場所の湿度を下げるために、エアコンや除湿器を使用することがお勧めです。また、マットレスを定期的に陰干しすることも、カビの予防につながります。

 

カビは健康に悪影響を与える恐れがありますので、面倒ですが放置せずに除菌を行いましょう。

 

ダニ発生を解決

1.マットレスを掃除する

マットレスにダニが発生している場合は、掃除機でマットレス表面を吸い取ることをお勧めします。また、マットレスの周りのカーテンや布団類も掃除することで、ダニの発生を防ぐことができます。

2.ダニを退治する

市販のダニ退治スプレーを使用して、マットレスに付着しているダニを退治します。スプレーを使用する場合は、ラベルをよく読んで、使用方法に従ってください。

3.陰干しする

ダニは湿度が高い場所で発生するため、マットレスを室内で陰干しすることが重要です。しかし、直射日光に当てることは避けてください。

4.マットレスカバーを使用する

マットレスカバーを使用することで、マットレスに付着したダニを防ぐことができます。マットレスカバーは、洗濯が可能であることを確認し、定期的に洗濯するようにしてください。

5.定期的な手入れ

マットレスに付着したダニを防ぐために、マットレスの定期的な手入れが重要です。毎月、掃除機でマットレスを掃除し、ダニ退治スプレーを使用するなど、ダニ対策を行うことをお勧めします。

 

ダニは、健康に悪影響を与えることがあるため、早期に対処することが重要です。

 

 

 

【1番人気】腰痛対策マットレス

64万人の腰痛を治療した整体師が寝具メーカーと共同開発した、腰痛対策マットレス「ドクタータフィ・プレミアマットレス」(安心の「90日間全額返金保証」付き)

理想的な寝姿勢をサポートするので、寝起きの快適さ、寝つきの良さを翌朝から実感できます。

詳しくは以下のバナーから詳細ページをご確認ください。

 

 

関連記事

快眠できる夏の温度設定とは?エアコンの便利な機能を紹介
快眠できる夏の温度設定とは?エアコンの便利な機能を紹介
 目次 1.エアコンは26~28度の設定がおすすめ 2...
Read More
【マットレスと腰痛】腰痛対策マットレスの選び方。原因と対処法についても解説
【マットレスと腰痛】腰痛対策マットレスの選び方。原因と対処法についても解説
 目次 1.マットレスによる腰痛の原因は?その対処法も...
Read More
快適に眠るためのマットレスのダニ対策(駆除・予防)
快適に眠るためのマットレスのダニ対策(駆除・予防)
   目次 1.ダニが発生しやすい環境 2.ダ...
Read More